スポーツをさせることは適応力を高めます

子供教育の為に塾通いばかりをさせるのは悪いことではありませんが、勉強だけが出来ても社会に出るとそれでは通用しないと感じる部分があります。
では社会に出て通用する人間にするにはどうすればいいかということになりますが、それはスポーツをさせることが大事だと考えます。
スポーツでも団体競技をやらせることが社会適応性を身に付けるのには役立つはずです。
団体競技をしていると仲間内での揉め事やポジション争いなどの競争の中に自然といることになり、それらを自然的に学習することになります。
そしてもちろん塾通いもすることによって勉強もすることになり、両方を学ぶことが出来るようになるわけです。
勉強は出来たけど社会に出るとそれほどその力を発揮していないという人がいます。
それは社会への適応力を学ぶことをしなかった人に多いタイプではないかと考えられます。
塾通いだけでなく団体スポーツに加わることによって、社会適応性を学生時代に学べば、社会に出てから困らないのではないかと思われます。